自己分析・企業分析を細かく行う

自己分析を細かく行う理由と方法

皆さんが就職したいと思った時にまずすべきことは細かく自己分析を行うことです。なぜ細かく行うかというと就職したてはよくても次第に自分の能力が追い付かなくなったり、なんか思ってたのと違うと感じ始める可能性があるからです。そのまま続けてストレスを抱えたまま日々を送っていくのは苦痛だと思います。そうならないためにまずしっかり自己分析しましょう。 自己分析には内面と外面の二つを考える必要があります。内面とは自分はこの仕事がやりたいといった自分自身から湧き上がってくる気持ちや考えです。逆に外面とは、自分にどういったスキルがあるのかといった客観的に見た自己評価です。この二つの側面を考えるのが重要です。最終的にはこの両側面の折衷案を取ってどの企業に入るかを考えていくわけですから、この自己分析を細かく行うのが重要なのは火を見るより明らかでしょう。

企業分析を細かく行う理由と方法

自己分析が終わって次にすべきことは企業分析です。これをしっかり行わないと満足のいく社会人生活は送れません。例えば、一見よさそうに見えた企業がいざ入ってみたらブラックでしたとか、自分のやりたかった仕事と違うことをやらされたとか、そういった問題が起きてくるわけです。それを解消するために必要なのが企業分析です。その方法はいくつかあります。 例えば、自分の興味のある企業のパンフレットやホームページを読んでみることです。そこにはその企業が何をする会社でどんな企業体制をとっているかなどが書かれています。しかし、それだけでは入社した際に実際どうなのかわからないと思う方もいるかもしれません。その場合は企業のデータを集めて評価する会社というのが存在するので、お金はかかってしまいますがそこから資料を取り寄せて自分の興味のある会社が企業の間でどのように評価されているのかを調べてみるのもいいと思います。