面接やコミュニケーションの練習をする

質問を想定して答えを考える

面接では突飛な質問をされることはほとんどなく、ある程度は予想することができます。面接の練習としては、聞かれそうな質問を想定して、答え方を考えておくことが大事です。想定される質問としては志望動機やキャリアプラン、自己PRなどがあげられます。ホームページなどを見て会社の経営理念や経営方針などを調べ、うまく組み込んだ返答が考えられたら上出来です。また、単に答えを考えるだけでなく、言葉でしっかり述べられるようにしておくことが重要です。言いたい内容があっても、いざ言葉で説明するとなるとなかなか難しいものです。紙に書いてみたり、実際に喋ってスマホで録音したりなど、順序だてて話せるように整理しておくと良いでしょう。

印象に残る話し方を習得する

コミュニケーションにおいて大事なのは、相手の印象に残る話し方です。どれだけ良い内容を話しても、棒読みであればだれの心にも響きません。明るい表情・明るい声のトーンでポジティブな印象を与えることはもちろん、身振りなどを入れ熱意を持って話し、心を通わせようと努力することが大事です。話すスピードが早すぎてもきちんと伝わらないため、聞き取りやすい速さで話すようにしましょう。また、返答もネガティブではなくポジティブなワードを使う方が好印象を与えます。否定する場合は頭ごなしに言うのではなく、柔らかい言葉を挟みワンクッションおいてから話すのが正解です。否定的な印象を与えると、協調性がないと判断されることがあるので注意が必要です。

福岡県に本社を持つワールドインテックの募集は、総合職の人材を求めています。新人でも安心して働ける様に、研修制度を充実させています。